2016年05月18日

2016サクライダーまとめ 03

二本松市指定天然記念物 長沢のサクラ

悪名高き部分ダート県道62号と言えど起点の二本松から川俣までは、爽快な舗装路である。
その途中、東和町針道地内に入る手前に、工事看板に掻かれたこの時期のみの案内看板が付けられる。
「長沢のサクラ ココを左折」(二本松側からの表示)
「長沢の桜?知らないなぁ?」


DSCN2002.jpg続きを読む
posted by みちはてな at 23:33| 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | フォトライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月15日

2016サクライダーまとめ02

福島市内の通勤路界隈で幾つか。

最初は福島盆地の南端、伏拝の峠にある共楽公園。
「峠」としたのは、この公園の尾根ルート(現在の公園内車道より上の遊歩道)が江戸時代までの奥州街道と思われる。この福島市を見下ろせる位置に拝石と展望台があって南福島西側の大森地区が見渡せる。
まあ、それはさておき、桜だ。
DSCN1931.jpg

一段下がった所で、南福島の東側が眺望出来る。
DSCN1934.jpg

可憐な花びら。8分のソメイヨシノ。
どうも皆川亮二の名作「スプリガン」に登場する”染井芳乃”を思い出すなぁ。
DSCN1938.jpg

公園には江戸時代に福島宿の飛脚問屋「島屋」が建立した馬頭観世音碑がある。
これも奥州街道のなごりだ。
DSCN1939.jpg

もう一つ。
場所は三島閣下のお膝元?福島県道3号線「中野新道」飯坂電車で言えば「上松川駅」付近。
万世大路に連なる上松川公園という河川敷があるが、県道3号を挟んだ西側には吾妻連峰を従えた河川敷の桜が咲き誇る。
 DSCN1970.jpg

橋の上から俯瞰もいいけど、堤を歩いて桜の回廊がいい。
バイクでフツーに入れる。
DSCN1974.jpg

ほぼ、満開かな?
 DSCN1976.jpg

青空の朝に映えるピンクの花びら。
いいねぇ。
DSCN1975.jpg

「とくに枝振りがな」
DSCN1972.jpg
posted by みちはてな at 19:18| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

2016サクライダーまとめ01

いつもの万燈桜。
解説は昨年のを参照(笑w。
DSCN1912.jpg

今年はローストセローの納車と重なり、やきもきしながらのサクライダーでした。
しかも、開花が一週間程早いぃぃぃぃいぃ!
 DSCN1913.jpg

この写真も7分咲き程度です。
DSCN1930t.jpg
posted by みちはてな at 23:32| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月02日

スカイラインの夕日。

磐梯吾妻スカイラインは噴火警戒レベルが2に引き上げられた事を受けて、現在夜間通行止めである。
それはつまり、この時期浄土平などで行われる個人レベルの天体観測が事実上不可能という事だ。

dscn426.jpg



続きを読む
posted by みちはてな at 22:21| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月19日

2015サクライダーが走る! 02

今年は福島市の桜の開花が一週間程早く、仕事柄某ラジオ福島の桜イベントが緑豊かな”葉”桜祭りになるのかとドキドキしました。しかし開けてみると満開寸前に気温が大幅に下がり、2〜3日肌寒い日々が上手く組み込まれてイベント二日目には満開最終日の桜並木を見る事が出来ました。

勿論、せっかちなMRの事、ただ仕事で河川敷に行くのももったいないので、自転車を積んで子供と「福島市阿武隈川サイクリングロード一周計画を発動、ヒイヒイ言いながら南は福島県庁裏の天神橋、北は伊達町の伊達橋までを一周したのであった。

Q.date-bridge9609.jpg

続きを読む
posted by みちはてな at 01:04| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | フォトライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月13日

2015サクライダー走る。01

国道4号線にある「道の駅安達」。
その下り線側には春とクリスマスにライトアップされる桜の巨木が在る。

その名を「万燈桜(まんとうさくら)」という。ん?"ざくら"かな?この場合。
当初、地元の私すら、つーかお近くの部落の住民すら解らなかったその名前。

Mantou-sakura9422.jpg

実は浅〜〜い訳があります。
立て看板にも書いてあります。続きを読む
posted by みちはてな at 22:04| 福島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | フォトライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

まさかの買い替え。

2007年10月。クールピクス3200楊枝峠に散る。

これはバイクで五百川の源流に転落(墜落?)したため起こった悲劇である。
一瞬落ちかかったカメラは川にこそ水没しなかったが、大量の水を浴びて水死した訳だ。
8010T-006.jpg

この経験から購入したのが、オリンパスμ725swである。当時既に新型μ770swが市場に投入され、旧型を展示品現品限りを2万2千円で購入した。
後にToughシリーズとして独立してゆく防水デジカメのハシリとなるカメラだ。
3ヶ月周期で新型が発表されるデジカメ市場で、防水をが売れる事に気づいたオリンパスはいち早く生活防水を取り入れ、その最強バージョンとして出されたμ720swの後継機である。
耐衝撃1.5m、5m防水機能で水中撮影動画も可、7.1メガピクセル光学3倍ズームを備える名機?である。
まだまだ潜在的アウトドアブームの続く事を予想したオリンパスの戦略はアタリ、今では各メーカーでそれなりの防水機能を持つアウトドア想定型のカメラが出ている。

4年近く、年間千枚を撮影した所から、まずは725swについて幾つか書き留めよう。


続きを読む
posted by みちはてな at 22:52| 福島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | フォトライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月09日

カメラについて。

道?の内容とは無関係に見えて、実は最重要課題。いま、皆様にお楽しみ頂いている画像は、みなこのカメラによる撮影だからである。

PB100014.jpg
写真は万世大路山形側(旧国道13号線)

林道は無論のこと、憂いを残す趣或る旧道や、何かが流れ去った後の残滓を留める廃道、季節に遷ろう風景は常に持ち歩く2台のカメラがその情景を切り取って来た。

元来、RDAというクラブの記録用として撮り始めたスナップ写真は京セラの名機、初代”SAMURAI"による撮影である。
ハーフと言われる独特のフィルム記録システム(通常フィルムを縦に使い、普通のカメラの半分の駒サイズで記録した)は現在のデジカメに通じる「マシンガン的撮影」を可能とした。24枚フィルムの撮影枚数は52枚。倍以上である。併せて考案された独特の縦型Bodyとグリップハンドルがオートバイを操りながらの片手撮影を可能にした。(不幸にして転倒によりグリップハンドルは破損した(笑w)
一眼レフも扱ったがその特殊な使用目的から長続きしない。雨、埃、振動、風圧、気温の変動、異常な湿度、化学物質(温泉)・・・そもそもカメラの様な精密機械を持って歩く事が無謀な場所ばかりが「活躍の場所」なのだ。

続きを読む
posted by みちはてな at 09:38| 福島 🌁| Comment(9) | TrackBack(0) | フォトライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。