2017年01月30日

かわいい人妻を観に行く「この世界の片隅に」

正月に時間を作って見に行った。
日本のアニメーション映画で初と成るクラウドファンディング(不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す:出典Wiki)となる事とか原作が素晴らしいとか、まあ色々聞こえて来ていたが、
見に行こうと思ったのはいい加減終戦の日にジブリの「蛍の墓」を見るのがイヤになったからに他ならない。
こう言ってはなんだが戦争の悲惨さの押し売りは見たく無いのである。
次に戦時中の一般国民が主人公(軍人では無い)という所と絵の素朴な可愛さである。
これも某「〜の墓」の「悲惨の押し売り」からの回避なのかも知れない。

個人的にこの手の映画は「泣いたら負け」なので気力を振り絞って泣かないで最後まで見る事に徹した。
感動とは厄介な感情で、泣いた理由以外の物語のデティールを飲み込んで忘れてしまう作用があるからだ。
コンサートなんかで曲の順番とか覚えられないのは、嬉しくて泣きながら謳ってしまう故である。
また、戦争映画と言う事で、予備知識があるのも問題だ。
戦争の悲惨さは、中学高校と太平洋戦争の戦史を読み漁った身としては十二分に承知していたし、長崎の原爆資料館や松戸の地下大本営、土門拳の「ヒロシマ」などで客観的に戦争を見詰める機会を得れば、その現実の無慈悲さはテレビを通して見るより遥かに壮絶である。

当然というか、原作は読まずにまず映画を見てみた。すぐに原作を買い求め読んだ。
その感想である。

驚いたのは原作の、もの凄い生活感である。
これ程食事のシーンが多い戦争映画は見た事が無い。
しかも食べてる物の素朴さ、知らない代用食品の多い事、勿論最前線の兵士などはガダルカナルなどでも補給を断たれ、深刻な飢餓状態だった。島から二日で蛙が消え、四日で蛇が消える。
それはそれで苛烈な生存競争だが、昭和19年の食卓が江戸末期より祖末という惨状は、それもまた深刻な飢餓状態と言える。
代用食、代用燃料、およそ生活物資のあらゆるものが代用され、終いには人間すら代用され、神棚に祭るごぼうの様に太く豊かだった国民生活がまるでか細い一筋の糸の様に絞り込まれてゆく切なさは言葉にならない。
原作者も、それに続くアニメ監督もそんな「戦時中の普通の生活」を実によく調べ、深く考え、明るく見易く作ってるのだ。だからこの作品にはある意味悲壮感が無い。
主人公すずもそうだが総てを受け入れ飲み込んで、明るく生きて行く。
明るければ明るい程、際立って戦争の悲惨さが反面教師の様に見えて来る、周到に考え抜かれた恐ろしい作品なのである。
 KS-4241.jpg

また、原作では鬼の様に当時の軍隊の組織や兵器などを解説しているが、それらが忠実にアニメ化され、いやいや"より現実味を付加して映像化"された時の怖さがあった。
なまじ当時の生活や日本人の季節感溢れる営みを忠実に再現した故に、異端な筈の爆弾などの兵器の実在感がさらに増幅されると言う手法が凄かったと思う。
あんな4コマ漫画の様なキャラなのに、いやそれ故にリアルに移る騙し絵の様な戦争の現実。
ああそうか?ゆるキャラだから戦争の悼ましさが緩和されるのか。

原作もあの状態からよく最終回に話を持って行ったと思う展開だった。
(見れば解るよ、うん。あれは強引だ)
愉しめますよ、キョーミの在る方は是非ご覧下さい。

このスルメの様な作品、読む時や気持ちで、また印象が変わるかも知れない。
posted by みちはてな at 00:48| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝言は寝てから言え! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月24日

危険行為だよ!「バイクでGO!!」

まあ、何ですか。
子供育成ゲームというか、どんな人間に育つのか解らない「育児ギャンブル」をしている身であります。
故に、というかそれ以前に一般通念的オタであるMRですから当然の成り行きなんですが(事故もとい自己擁護)
「バイクで廻るポケモンGO!」始めました。(笑w

ていうか、このソフトすげーなー!

 dscn3151.jpg

続きを読む
posted by みちはてな at 22:07| 福島 ☁| Comment(4) | TrackBack(0) | 寝言は寝てから言え! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月02日

タバタバの上がる日。

史上最大の値上げ幅となった日本のタバコ。
天の邪鬼な性格故に「吸うな」と言われれば吸ってしまう。「乗るな」と言えば乗りたくなる。「舐めるな」と言われればあざ笑って舐めてしまう(何のハナシをしている>俺?)、ヤな性格なのです。

今回、国策らしいタバコ増税。
こんな姑息な手段で国民を死なない程度に痛めつけている国は、この国以外にあたしゃ氓北◯鮮しか知りません。
もっとも、特攻なんて無策な戦闘を展開する民族だから、逃げ帰る自国の兵士を戦争に行けと後ろからマシンガンで一斉射撃する氓ロ◯アと同列なんだろうな。

ゆっくりと舞い上がり消えてゆく煙に視線を移して、取り留めの無い事を乱筆します。

続きを吸う
posted by みちはてな at 23:54| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝言は寝てから言え! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月24日

謎の撮影車

暑い。

死ぬ程暑い。ハッキリ言って急に寒い?木星の衛星エウロパから暑い金星の黄昏地帯に瞬間的に放り出された様な酷暑だ。
フトッチョ体型の@管理人には堪える猛暑である。


だのに、この日もお仕事は屋根の上。

暑い、死ぬ程暑い。つーか死んでしまう・・・。
何だか意識が朦朧と・・軽くヤバい(死語、先行埋葬済み)・・・イカん、休もう・・・。

そんな時だ、眼下の某11の駐車場に見知らぬ車が滑り込んで来た。

続きを読む
posted by みちはてな at 21:46| 福島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 寝言は寝てから言え! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月27日

星空のディスタンス

さてお立ち会い。

本日は皆様を華麗なる星の世界にご招待致しましょう。

まあ、そうはいっても専門外(爆
専門的な天文学ならこの方にお聞きした方が良いのですが・・・
HPリンク先のやまのん氏
本業http://www5d.biglobe.ne.jp/~Lyr/
副業?http://www2u.biglobe.ne.jp/~yamanon/

MRにだって解説できるのがあるんだい!(お前トシは幾つだ?>俺)

それは、BH(ブラックホール)である。
モチロン、カリオストロ公国の事ではない。(ヲイヲイ、そう来るか?)

続きを読む
posted by みちはてな at 11:49| 福島 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 寝言は寝てから言え! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

バイクでお手軽に車載動画を撮る。

昨年の6月、超巨大廃物探求オブロードサイト「山さ行がねが(管理人:ヨッキれん氏)」http://yamaiga.com/
の掲示板に第一報が入り、思わずサイトで衝動買いしたものがある。

サンワサプライで通販限定販売である「自転車用デジタルカメラスタンドActionMount200-CRM008」である。
http://direct.sanwa.co.jp/ItemPage/200-CAM008

・・・・・・・・・・自転車用?そう自転車、いわゆるチャリですナ。
それまでのこういった車載スタンドや車載カメラは1万2万は当たり前田のクラッカーで、
MRの様に"転倒の常連"ともなると1回こっきりで「死亡、終了ぉ!」になり兼ねない。
今やコンデジが1万円、防水カメラも2万円のご時世である。
MRの耳の底からは某RFCの鏡田アナウンサーの素っ頓狂な声と共に「もったいな〜い」が多重労音で聞こえていた。

で、このActionMount200-CRM008

P7180002.jpg

お値段何と1480円。
え?
お値段何と1480円1480円ですよ奥さん!



続きを読む
posted by みちはてな at 18:55| 福島 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 寝言は寝てから言え! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月14日

新型ジムニーを考える。(第一回)

先日掲示板で「そろそろジムニーも現行Bodyで9年〜(発表:平成10年10月)」という発言に端を発する。
前回のSJ30のBodyが16年間(発表:昭和56年4月)使われた実績を鑑みると、現行Bodyも来年以降は何時でもフルチェンジが可能になると見ていいだろう。

これは勿論、直ぐではないと思う。
なぜなら、現行モデルはまだまだ十分に魅力的であり、高い完成度も伴って不具合が無いからだ。
また、前回のフルチェンは購買層の変化(オフユースからシティユースへの動的変化とRVからSUVへの質的変化)に伴う所が大きいが、現在の購買層の方向性は殆ど変わらず、今のままでも定額安定な商品であるからだ。

しかし、愛好家と呼べるコアなファンは未だに多く、その半数近くが旧型、旧旧型とも言えるJAシリーズのオーナーであることは周知の事実であり、いまだ中古市場の高値高騰はその結果であると言える。
ja11-12.jpg

さて、そんな状況を踏まえて自分勝手に次期ジムニーを考えようというのが、このコラムの趣旨である。
こんな提言がメーカーに全く影響を与えないのは重々重々重々承知なのだが、一応3台も買ったんだし、いまでも乗ってるんだからええやろ?という調子で逝ってみたい。続きを読む
posted by みちはてな at 23:12| 福島 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝言は寝てから言え! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする