2011年03月28日

身近な震災被害。

3月11日、午後2時46分。まさに日本列島が震撼した。
史上最大と言われるMg9.0に相当するエネルギーが、地震と津波に具現化して東日本を直撃したのだ。
「東日本大震災」である。

これを書いている発生から2週間後においても、死者行方不明者の総数が2万6160人であり、地域ごと壊滅した漁村などもあって、その被害全容は未だ不明、まさに想像を絶すると予想される。
浜通りは地震/津波に加えて福島原発の放射能漏れ事故という追い打ちを受けて、村ごと街ごと疎開という前代未聞の惨事となっている。
福島/宮城/岩手の避難者総数は実に24万7千人(3/24日現在)という常軌を逸した数である。

「天災の少ない県ベスト3に入る」と言われた福島県であったが原発は明らかに人災という感が否めない。
津波による直接の被害が出た浜通とは対照的に、まるで”真綿で首を絞められる”かのような放射能攻撃は、脱出した浜通りの県民らは勿論、中通りに住む県民にも危機感を募らせている。

で、このブログは所謂道路系(林道/廃道も含む)というカテゴリーなので、そんな切り口から今回の震災を見つめてみた。

azuma-hibridge405.jpg
続きを読む
posted by みちはてな at 21:37| 福島 ☀| Comment(2) | TrackBack(1) | 道の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

2010、Novな菱川「正式名称発覚!、そして」

菱川林道は本体の林道日記に在る様に、国道13号線横川に注ぐ支流、菱川を遡る林道です。
林道自体は基本尾根越えをせずに終了し、ピストン林道の状態です。
でも、それは車道としての道の話。

菱川の道はかつて日本がパルプ産業全盛の時代に開拓され、見事な造林となっています。
そして当然の事ながら、その為には作業道が必要であり、作業する人の村が必要であり、その道が尾根を越え南東側の大平の部落まで続いているのです。
Digital Touring Msgazine DTM: http://dtm-rt.o.oo7.jp/
 林道日記<メニューまたは廃道日記<メニュー
菱川林道/林道日記:http://dtm-rt.o.oo7.jp/3.dtm/1.Rindou_File/37.hishikawa/deta37hishikawa.html
     廃道日記:http://dtm-rt.o.oo7.jp/3.dtm/6.ObRoad-Diary/project-2/006.hishikawa-sab3/hid-hishikawa3.html

さて菱川林道の直ぐ近くにあるのが、これまた昭和戦後間もなくに造られた俎板山(まないたやま)林道であります。俎板山林道は福島営林署のある福島市北西部の大笹生地区、いわゆる十六沼公園の西側にあり、県道沿いの営林署の裏山に向かってゆく林道です。

俎板山林道/林道日記:http://dtm-rt.o.oo7.jp/3.dtm/1.Rindou_File.f2/55.manaitayama/file55manaitayama-A.html

この内、菱川と大平地区を繋ぎ、牧草地を経て俎板に繋がる重要なピースであった菱川林道大平支線(仮称)に、2010年春、衝撃の事実が襲う!
Numa-koyasawa19.jpg
続きを読む
posted by みちはてな at 22:58| 福島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 道の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

2009、SEPな菱川、俎板。

菱川林道は本体の林道日記に在る様に、国道13号線横川に注ぐ支流、菱川を遡る林道です。林道自体は基本尾根越えをせずに終了し、ピストン林道の状態です。
でも、それは車道としての道の話。

菱川の道はかつて日本がパルプ産業全盛の時代に開拓され、見事な造林となっています。そして当然の事ながら、その為には作業道が必要であり、その道が尾根を越え南東側の大平の部落まで続いているのです。

さて菱川林道の直ぐ近くにあるのが、これまた昭和戦後間もなくに造られた俎板山(まないたやま)林道であります。俎板山林道は福島営林署のある福島市北西部の大笹生地区、いわゆる十六沼公園の西側にあり、県道沿いの営林署の裏山に向かってゆく林道です。
manaita-map2.jpg続きを読む
posted by みちはてな at 22:47| 福島 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 道の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

気になる路傍

山形と言えば、道路愛好家なら一度は耳にした事のあるあの県令が鬼と成った地である。
山形では神、福島以南では鬼!悪魔と謳われた三島通庸閣下である。

そのせいかどうか知らないが(爆

最近、山形で見かけた先進的?標識を見てみよう。
P5310058.jpg



続きを読む
posted by みちはてな at 22:21| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 道の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

2009 Julな菱川、俎板。

あと1ヶ月半で1年間のご無沙汰でした。MRです。
カナ〜リ時間が空いてしまいましたが、再開します。

菱川林道は本体の林道日記に在る様に、国道13号線横川に注ぐ支流、菱川を遡る林道です。林道自体は基本尾根越えをせずに終了し、ピストン林道の状態です。
でも、それは車道としての道の話。

菱川の道はかつて日本がパルプ産業全盛の時代に開拓され、見事な造林となっています。そして当然の事ながら、その為には作業道が必要であり、その道が尾根を越え南東側の大平の部落まで続いているのです。

DSCN4575.jpg

で、菱川林道。
その大平部落に至る唯一辛うじて車を通すルートが存在するのだス。
それが道ならばな。

ご覧の通り直進は最早道に在らず?という佇まい。
hishikawa-sab239b.jpg

しかもその奥は沢、道床から川面までアバウト1m以上はあろう。
hishi-3rd09t.jpg

間違いなく道ではない、沢なのだ。

続きを読む
posted by みちはてな at 10:49| 福島 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 道の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月30日

橋の中にある隧道?

先日、某常磐自動車道橋梁工事現場に行く事に恵まれた。

時間の申し合わせをして、定刻通りに現場事務所に到着。
入場確認及び、KYの後、納品チェックと部材の写真撮影を終える。

車で現場まではおおよそ10分程度である。

橋の名は「西田橋」
国道288号線を跨ぐ「波型鋼板ウェブPC橋」である。
その意味は、現場で実際に目の当たりにするまで、殆ど理解していなかった。
遠目に「PC橋だ〜」程度。
なんつったって、林道で出会う橋の大半は欄干さえ満足にないPC橋ばかりである。

019.jpg

最新の橋に、隧道があるとは、思いもよらなかったのだ。


続きを読む
posted by みちはてな at 00:00| 福島 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 道の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

誰が為に標識は建つ?

発見:06' 7/30 場所:伊達市桑折町内の馬場字坂口近辺


それは、藤倉ダムhttp://dtm.fc2web.com/3.dtm/1.Rindou_File/36.hanba-ubugasawa/hanba-ubugasawa.htmlにむかう途中だった。
それはべつに、どうという事はないリンゴ畑である。

どうみても農園のようなその入口に、その標識は何げに佇んでいた。
handa35.jpg
続きを読む
posted by みちはてな at 23:43| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 道の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月24日

町民限定BOX・・?

発見:06'9/24 場所:磐梯町赤枝地内/県道337号線沿い。

雲一つ無い秋晴れの空。
朝6時の吸い込まれそうな、まさに「本当の空」そんな色合いだ。

だが、MRは後ろ髪を引っ張られた様に豪華ブラックマーク付きで急停車!オートバイとはいえ強烈なスキール音、通りすがりの若き町民に白い目で見られつつも停車したバイクは重力に任せてバックし、後ろ髪を引っかけた元凶の前で停車した。

bandai-445.jpg

それは、田舎の玄関口とも言える福島ですら滅多にお目に掛かる事のない「電話BOX」である。
昭和40年頃まではこんな奴だよね??
それだけなら、まあいい。
後ろ髪を釘付けにしたのは「あれ?配線してある!」
もしかして、電話が掛けられる現役の電話BOXか!うそ!? マジですか?

bandai-449.jpg
続きを読む
posted by みちはてな at 22:18| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 道の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月22日

イ・ケ・ナ・イ・ミ・チ

発見:06’4/18 福島市南矢野目 某所

 春、うららかな晴れた平日。
現場に移動中の、眠たげな路地裏。
直進、できるかな?
fukushima-06.jpg

この辺は新旧国道13号の合流に伴い再開発がされたので、古い道路が寸断されている時がある。
案の定、通行は出来ないらしい。
fukushima-07.jpg続きを読む
posted by みちはてな at 23:51| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 道の不思議 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする