2020年04月09日

SUZUKI DF125E がやって来た。

「スズキが震災対応を考えた件」

DF200p1.jpg

いわゆる商用原付というのは、ホンダのカブを筆頭に川崎を除く3社がそれぞれにモデルを持っていた。
スクーター以外の実用車はカブ発表と同時期に次のドジョウを狙うかの様にヤマハのメイトスズキがバーディを追従して発売し、でも外見から興味の無い人にはパッと見みんなカブだと思う程だ。
そう考えると本田宗一郎は本当にスゴい人物だったと思う今日この頃。

ひょんな事からかつての会社の同僚より、このバイクを譲り受けた。
それが「バーディ大盛り」DF125Eである。

DF1885.jpg


DF200/DF125はXS200/125の後継機として発売されたジュベル200/125の実用車版として企画されたモデルと認識している。
DF1886.jpg

DF200の初期カタログに在る様に企画の由来は阪神淡路大震災まで遡る。
この震災で被災した路地をバイクで走るという発想が生まれた、いやいや知ってたけど無視してたと言うべきか?それは主にバイク自体に積載性が無いからなのだが、停電で電気が使えないと連絡すら移動伝達という手段に頼らざるを得ない事を改めて知らされた、いや曝されたからだろう。
DF200p23.jpg

大都市の消防署で消防の赤セローが配備されたりとか進められた訳だが、実はいち早くそんなニッチな隙間をつくのは、もはやスズキの、修ちゃんの真骨頂と言えるだろう。
それがこのDFシリーズなのである。
ちなみに某バイク用品通販サイトの車両紹介では、海外仕様もほぼ同じ装備で未だ販売されていて牧場などでの用途が在るらしい。
そして、それ故に売れなかったモデルでもある(自爆!
DF1198.jpg

では、なぜ売れないのか?

実際に乗ってみよう。

身長160のMRが自然に跨がって両足を出すと地面があり、腕を伸ばせばハンドルが在るという、実用一辺倒に相応しいスタイル。
唯一カブなどと違うのはプレスではないSX譲りの鋼管ダイヤモンドフレームで、足を大きく上げて跨ぐ必要が在る事だが、これは乗り手各々の善し悪しの判断だと思う。跨ぐ派はニーグリップが無いと不安だしカブ派はプレスボディの乗り易さが基本だろうから。
DF1261.jpg

シートも125にしては厚く乗り心地は悪くはない。(良いとは言えない、ともいう)実用車で80点をあげられるだろう。
スピートメーターと最低限のランプ(ニュートラル・ターン・ハイビーム)が付いているメーターパネル。メーターとヘッドライトは大きな一体式アウターガードに包まれている。ガードはフロントのキャリアも兼ねてバインダーも付いている。
DF1397.jpg

リアにはお約束とも言える巨大なキャリア付きだ。MRはさらに時代感を大切にしてかつてTTR-Reidに装着していた古いBOXを倉庫より発掘、まあ、見た目通りの実用バイクだ、アイリスBOXはよく似合う。フロントには標準でエンジンガードも付いてるので、ダークグリーンの迷彩車体色と相まって見た目は自衛隊仕様ぽい。
「うん、実用車だわ」
オイルとエレメント交換。実用車にMOTUL5100をぶち込んで1000km程走ってまたフィルターごと交換。品番買い間違えたけど売らないでヨカッたな、フィルター。
DF1295.jpg

回収当時のオドメータは2318Km、殆ど寝てた心臓をはオド3500Km辺りから猛然とぶん回すとあら不思議。
「メーター読み時速100km/h出たわ」
普段40〜50Km/hくらいでちんたら走るのが一番気楽でいい。
ギヤ的にも3〜5速が万能ギヤで時速20Kmから100Km/hまで出るな。6速Topだと何故か95Km/h?6速の意味が解らない?エコモードなのか?が普段使いはさすが優等生。この頃にはキャブも安定してくる。
最初はキャブから毎日おもらしも経験したが、キャブの復調に合わせて殆どなくなった。
DF1207.jpg

まだ慣らし途中みたいなNet14馬力のエンジンだが、気温がマイナスになると超不機嫌、原因は純正装備のオイルクーラーによる冷え性?夏になったら重宝するのだろうか?
よく解らないセミブロックタイヤが標準装備。ハタ株に間違われる要因だがいつのタイヤなのだろう?怖くて確認する気も起こらない。
ただ2速で川縁の土手ぐらいは上り下りできる。1速が結構ローギアなのだ。20センチ程度の段差、例えば縁石なんかもゼロスタートで軽々超える。さすが災害援護車両。

こうして乗るとつくづく中途半端だ。
比べれば手持ちのKLX125も優等生とも言えるバイクだが、いくら実用車でニッチ好きでも?と思う。
格段に速い訳でも走破能力が高い訳でもない、パワーも無いけどまあ並みのカブよりいい程度。
積載量同様に帯に短しなんとやら。燃費もリッター平均25Kmははっきり言って悪い。そして見た目はハンター株だ(爆  
まあホンダモトラのデザインに通ずるガチな重機デザインが好きな人はいいか。
DF1486.jpg
そして乗り手も選ばない。(二重の意味でナ)

カタログに在る様に被災時に一般の方が、というなら小型二輪免許の有無もそれなりにハードルがある。
かといって原付50では今以上にパワーがない。でも専用車を作るでもない。

多分この『突出した魅力のなさ』が当時の売れない理由だったのではないだろうか?
そして大半の一般購入希望者はジュベル125を選んだのだろう。
デザイン的に軽快だし実際軽いし燃費もいいのだから。
DF0125s.jpg
posted by みちはてな at 23:39| 福島 ☁| Comment(0) | クルマとバイクのエトセトラ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。