2020年05月14日

2020サクライダーがゆく!

 コロナ禍が吹き荒れる兆しを見せた3月末、スキーヤーを泣かせた超暖冬の冬はそのまま春のサクラ前線をも猛烈に押し上げ、4月を待たずして都内では開花となった。しかし関東圏の桜の名所はコロナ三密を避けるべく閉園の動きが徐々に出始めた。
 福島市内もすでに開花が始まり、まるで三春の様に梅、桜、桃の花が咲き揃う、異常気象の成せる大技が飛び出した。
極めて個人的な感じとして暖冬で一週間以蔵も早かったソメイヨシノに比べ、枝垂桜は例年並みの開花だったと思う。これは日中夏日の様な暖かさでも朝夕は一桁まで下がる夜間の寒さに起因してると考える。特に県北部は開花宣言の後に平均気温が下がり、日中も晴天が少なかったからではないだろうかと。
 おかげでソメイヨシノの開花期間も約二週間と最近ではかなり長く花を楽しめたと思う。
 枝垂系は例年通り、山桜はGW前後まで開花するという遅延現象が起きたのだ。

「これから毎年開花は早まるの?」

matukawa-top389.jpg

 都内はともかく地方はまだそれ程危機感のなかった4月頭、カメラを抱えて参上した。
とは言っても決算期である3月〜4月前半は猛烈に忙しく、撮影は朝方に手近ないつもの所でさらりと撮っていた。
 既に満開のソメイヨシノは置いといて、今年は枝垂梅をメインに撮影した。



続きを読む
posted by みちはてな at 07:07| 福島 ☀| Comment(0) | フォトライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする