2020年05月03日

2020 暖冬の萬世大路

令和元年、冬。
今年はMRが初めてこの道を訪れてから本当に最も少ない積雪であった。
と言うか、令和元年の内に寝雪に成る程の積雪はなかった。
それ自体が地球温暖化の証の様な気候だ。
栗子峠も雪害に喘いで100年も苦労してやっと念願の高速道路を通してみれば、雪が降らないのだからこれはもう地球に嫌がらせでもされてるのでは?と勘ぐってしまう程である。

明けて令和2年、正月。
相変わらず市内に雪の便りは途絶えている。お山は、まあ雪兎が出来そうな程度に降ってるが、そもそも気温が暖かい。零度辺りをうろついて、指先が効かなくなる程に冷えない。SNSにバイクで万世(現国道13号栗子ハイウエー)から上がった旨の情報が入る。

「来週、来襲するか?」

19futatugoya625.jpg

続きを読む
posted by みちはてな at 08:44| 福島 ☁| Comment(0) | 道路遺構のミニレポ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする