2019年04月28日

2019サクライダーがゆく。


今年もサクライダーの季節がやって来ました。

平成最後の春は天候が実にふざけていて、朝夕の寒暖差が激しく中盤の寒い時期が比較的に長く、特に日中の気温が6月上旬かと思う20度越えが2〜3日続いたりして、早く咲いた(4月2日頃から)物は長く、後半に咲いた花はあっという間に満開散り始めという傾向が在りました。
(しかもGW初日の今日、東北の山沿いで雪の予報が・・・?)

有名な所では、早咲きの福島市内などは一週間以上咲き続けました。逆に東和針道の「中島の地蔵桜」などは開花から僅か3日で満開、その夜強風で花が散ってしまったりと、見る事が出来ませんでした。同じ東和の「合戦場のしだれ桜」や三春の「滝桜」も同じスピードであっという間に満開となりました。

19KamiMatukawa1764.jpg

そんな中で取り合えず撮影が出来た物を上げていきます。
続きを読む
posted by みちはてな at 00:05| 福島 ☁| Comment(0) | フォトライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

藤田和日郎原画展in新潟に行って来た。(平成31年3月24日)


藤田和日郎先生とは?

普通の作家さん、特に90年代から2000年代にかけて、次々と漫画雑誌が多角化、多種化して売り上げを二分した時代。いわゆる少年誌の作家さんが読者の成長に合わせて青年誌へとシフトした時代(個人的には漫画読者の高齢化と言ふ)に、独り少年誌を生業として活躍している「漢」という印象が在る。
活躍の場は少年サンデー。
その独特の物語の構成と視点、圧倒的な画力は「講談社の荒木、小学館の藤田」として、わが心を鷲掴みにする漫画家である。(いやいや、他にも鷲掴みになってる漫画家さんはいっぱい居るんですけどね)
fuji2206.jpg

そしてその生業も30年と言う事で、隣りの新潟に原画展が来たので行ってみた。
続きを読む
posted by みちはてな at 21:25| 福島 ☁| Comment(0) | 子ども旅する。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

東北湯ノ華情話 第五窓 飯豊温泉


飯豊温泉 国民宿舎 梅花皮荘 展望大浴場

話は実に2008年まで遡る。(わぁ、もう11年も前?!)
この日リンク先となる「WINDY EXCURSION」管理人の燦氏のお誘いで国民宿舎梅花皮(かいらぎ)OFF会で宿泊した折の事である。
何故か東北人より東北を知ってる長距離屋、空いた口が塞がらない。
梅花皮荘の総ガラス張り展望大浴場は文句無く、輝くばかりの飯豊連峰を眺めて佇む朝風呂は特に最高であった。

だが、帰って来てパンフを見て愕然とするMR。
「なんじゃこりゃー!隣りは露天風呂しかないんじゃん!」(注:ちゃんと内風呂もあります)
なぜこんな根本的な所が抜け落ちているんだ>俺。

この後の顛末はホームページの「東北露天情話」をご参照と言う事だが、こちらでは本館である梅花皮荘の展望大浴場を紹介しよう。P6080301.JPG

続きを読む
posted by みちはてな at 07:08| 福島 | Comment(0) | 東北湯ノ華情話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする