2019年02月10日

須賀川市民交流センターtette(テッテ)「円谷ミュージアム」に行って来た!

全国的に図書館は受難の時代である。
かつては学校の図書館の様に本さえ揃っていて貸し出し管理が出来るオバちゃんが居れば問題なかったのだが、市町村大合併後は資金、人員などの削減と分散に加え、アーカイブの種別の増加に伴う保管と保全やフィルム・画像関連・動画保存と媒体メディアの多様化などによって専門知識も細分化、煩雑化してきているのいだ。
 つまり取り扱い商品が広がってるのにお金も人も専門家も減って来ていると言う事なのだ。
そんなご時世の中、この交流センターは須賀川市が図書館に付加価値を付けて建設した複合文化施設と言う新たな立ち位置を占う施設なのだ。
極めて個人的な付加価値感ではあるのだが、その最重要価値なのがご紹介する5階の「円谷ミュージアム」なのである。

IG2124.jpg
須賀川市役所地下駐車場の正面ゲートで、早くも怪獣のお出迎え。
続きを読む
posted by みちはてな at 12:46| 福島 ☁| Comment(0) | 子ども旅する。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。