2018年02月06日

KLX125忘備録02「ハンドルとバルブ」

石巻で岩場で松坂峠でスタンドが外れて倒した折に歪んでしまった純正ハンドル、転倒に次ぐ転倒に次ぐ転倒に・・・X50?兼ねてからハンドルの交換は考えていたが、中々壊れないと交換しない性(たち)なので丁度いいタイミングか?と思い購入を思い立つ。

ところが、なかなか同じ物は無い。友人Kon氏からWR125用というレンサルのハンドルを頂くが、何とこれはセロー25にぴったりで、KLX125には5センチも長く張り出しているのだった。
師匠らにはハーディやレンサルってレースで使うとすぐ曲がるとか聞いていて、まあレースユースじゃねーからいいかとも思ったが、それ以前にサイズが無かったのである。

DS514.jpg

続きを読む
posted by みちはてな at 23:50| 福島 ☀| Comment(0) | クルマとバイクのエトセトラ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする