2014年11月22日

KLX125がゆく!〜購入&運用レポ〜・第二回「ナラシ運転」

2013/3/23、会社の仕事にかこつけて会社の軽虎で自宅にバイクを夕方受け取ってくる。
積み込みはお店の方にして貰い、翌日対ダウンベルトを外す所でゼッケンプレートにあたるカウルに傷を発見
写真を撮って相談し、カウル交換となる。
DSCN0125.jpg

日曜日、じっくり眺める。
改めて広い空のもとで見ると、Kawasaki設計陣が単にKLX250をめんどくせーから縮小コピーしてチョロQ化した訳ではなく、小さいなりに頑張って設計した事が伺える作りだ。よく「不景気には125が良く売れる」と言われるが、先んじて投入したKawasakiの先見性は相変わらずだ。
ローアングルで撮影すると思ったよりよく延ばした肢体が程よいバランス感覚でまとめられている。大地を踏みしめしっかと起立するイメージが伝わる。シートからタンク、そしてハンドルバーハンドとメーターパネルに続くラインは舞妓さんのうなじから髪結いのかんざしを見るようだ。
「こいつぁオンナだな、ちょっと背が小さいけどヤンチャかも」
キーを回すと、やがて聞き慣れるインジェクションの電気音と共にメーターパネルに表示が走り彼女は目覚める。それはある意味女の子らしいホントに静かでか細い囁きのようなエキゾーストだった。
「えーーーっーとぉ、 ・・・カブ?」後日純正マフラーで郵便カブの後ろを走る機会があるのだが、前後ステレオ状態である。

続きを読む
posted by みちはてな at 22:29| 福島 | Comment(0) | TrackBack(0) | クルマとバイクのエトセトラ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

KLX125がゆく!〜購入&運用レポ〜・第一回「選択のKLX」

自分で言うのも何だが、あまり物を丁寧に扱う事が得意ではなかった。
ここ数年は、オフバイクも旧友から譲り受けたTTR250・Reidを淡々と使い続けていた。
基本的にノーマル派である。設計の行き届いている物、工程管理がキチンとされた工業製品は基本オーナーが壊さない限り壊れないし、また妥当なメンテナンスがそれを延命するものである。キャリアやガード類も基本純正品が多い。
そう信じてやまないMRだが、ヤる事が廃道行脚という愚行な為に、ついに行きつけのバイク屋から
「TTR保護のため、廃道行禁止」の詔が下る事となる。
来春(2013年春)いよいよ待った無しの増強となってきたのだ。

*編集部注:話は2012年12月頃の話です。どちらかといえば「今頃日記」に近いかも。
 DSCN 1085.jpg

続きを読む
posted by みちはてな at 14:48| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマとバイクのエトセトラ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

くらげを見に行く〜鶴岡市加茂水族館に行った話〜

今年の夏休み最後の日曜日。
いくら親が忙しいと言っても何処にも連れて行かないのは余りに不憫なので水族館に行く事にした。
しかし残念ながら家族4人の休みはまるで合わず、MRと息子(レッド)だけになってしまった。
「そこで、バイクでツーリングがてら行きたいのだが、どうだい?」
「いいねぇ、バイクウエアなんて無(以下略」
「で、どこいく?」
「行った事の無い水族館」

いかにバイクで、とはいえ関東圏は人が多そうだった気がした。平たく言えば大洗に聖地巡礼がてら(爆!という行程もアリかと思ったが、明らかに親の趣味丸出しである。
「ここはどうだ?」
「クラゲの水族館?とーちゃんがいいなら」

結局俺かい?!

Arasaki8235.jpg

という訳で、「鶴岡市加茂水族館」に行ってきました。続きを読む
posted by みちはてな at 22:36| 福島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 子ども旅する。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする