2017年09月08日

第二回荒木飛呂彦原画展「ジョジョ展 in S市杜王町2017」に行って来た。その2

さて、前置きはこのくらいにして。(前回参照)
当日の話をしよう。

 当日はあら始めローソンチケットでお盆の指定日を買った。
 当日、日にち指定券と言う事もあり、また小雨の中並ぶののも気怠いので10時を待ってオープンしてから入ろうかと目論むが、コレが「大失敗」駐車場はビルの裏側だった事も在るが当日指定券の他に整理券をビル正面で配布していて、並んでいたのは整理券の人だかりだった事が偵察隊に因って判明、慌てて並ぶが時既に遅し!番号札には720番の文字が踊る。

Jojo-0968.jpg
 しょうがない、とMRと弟のMR-S、お馴染み息子のレッドの3人は並ぶ。

Jojo-0974.jpg
 でも並んでる時間が余りに長いため、一人ずつ散歩に行く取り決めでMRがマンホールを探しに行くと棒宇都宮ナンバーのワゴンRの痛車に出会う。

Jojo-0973.jpg
 会場のバス停前にマンホールハケーン!イラストは「岸辺露伴」だ。同じく写真を撮るご同類の片手にはマップ?どうやら仙台市内中にマンホールはちりばめられているらしい。
こいつはぬかったな?と思いつつ列に戻る。

Jojo-0970.jpg
会場前に停まる仙台バスが劇中の「杜王町」に習った地名に停車地名が変えてあるのがスバラシイ。

なんだかんだで入場するまで1時間を越えて待つ。チケットが無かったら多分10分くらいで諦めたと思うが(笑
15人ずつ入場させるのは3基あるエレベータの1基を専用運転させている為だ。入場制限も兼ねたアイデアだが人気の高さを伺い知る。


続きを読む
posted by みちはてな at 02:01| 福島 ☁| Comment(0) | 子ども旅する。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月24日

第二回荒木飛呂彦原画展「ジョジョ展 in S市杜王町2017」に行って来た。

MR的アラキ論?

荒木飛呂彦と言えば今更言うまでもなく、80年代の「少年ジャンプ」の中でも一際異彩を放つ漫画家である。
当時と言えば、ドラゴンボール・聖闘士星矢・北斗の拳・シティハンター・こち亀・キャプテン翼・コブラと、その後30年は金を生み出すコンテンツとなる黄金期の作品が、微妙にズレながら発表され続ける時期である。
今書き出したどれもが、今ではすっかり並列化した漫画と比べても実に個性的で表情豊かであり、それまでのジャンプコミックスの「昭和の集大成」とも言える作品群だ。
書き出した殆どがメディアミックス化され小説、アニメ、実写(映画)、ゲーム、パチンコと打てば響く様に次々と成功し、その名を世界に轟かすクールジャパンの原資となった作品ばかりである。

Jojo-0996.jpg

そのどれもが核爆発的に展開・伝播して日本から世界に広まって行ったのに「荒木飛呂彦」だけはまるで別なカタチで広がっている。静かな水面に落とされた一滴の雫から確実に読者の心に突刺さる空間映像描写と独特の擬音、キャラクターの立ち振る舞いはやがて時とともに洗練され、その絵面が変わって来たのは凄い事である。その作風は大胆奇才にして麻薬的。ジョジョの第一作以前の「魔少年ビーティ」「バオー来訪者」「ゴージャスアイリーン」初期作品御三家には現在も続くジョジョリオンにまでそのエッセンスが内包されていると思っている。

続きを読む
posted by みちはてな at 22:41| 福島 ☀| Comment(0) | 子ども旅する。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

ダイハツ「リーザ・スパイダー」

師走を控えた晩秋の某民家園駐車場に、その車は佇んでいた。

え?「リーザスパイダーかよ!」なんと福島ナンバー、ジモティか。

そもそも「ダイハツ リーザ」というKカー自体、とっくにカタログに無いモデルである。
「ヤンキーオープンカット」と揶揄されたメーカー純正改造?オープンカーであった。

この車はどうやら幌を新品にして、奇麗なレストアをされている様だ。
ボディもワックスに磨きがかかり、柔らかな晩秋の木漏れ日に輝いている。

Reeza3886.jpg

オーナー様には本当に失礼だが
「ここまでリーザスパイダーに首ったけとは・・・」
続きを読む
posted by みちはてな at 00:48| 福島 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 今頃日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

牛乳屋食堂 〜今頃的"踊り喰い"(2016秋のワンディロードツーリング、其ノ壱)

2016年秋、二年前のラーメンツーリングの約束が果たされる時が来た。

ラーメン屋の名前は「牛乳屋食堂」という一風変わった名前のお店。ツーリングライダー的見地から「ラーメン屋」と呼称しているが、実際のお店はフツーに駅前の食堂の風情である。
HPにも在る通り、大正14年に旧国鉄会津線(現会津鉄道)が開通し、上三寄駅(現芦ノ牧温泉駅)が完成すると同宿場で馬車宿を営んでいた初代は駅前で牛乳の販売を始めたそうな。
鉄道と駅の開業は上三寄駅に多くの人が集まる様になったが、食事の摂れる所など無かったのだ。
そこで先代は当時部落に住んでいた中国人から支那そばの作り方を教わり食堂を始めると「牛乳屋食堂」と呼ばれるようになったそうな。

 DS8261.jpg
続きを読む
posted by みちはてな at 00:45| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 添加御麺の廻り喰い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月24日

夜のスタンドにて。

2016年9月ごろ、仕事帰りに給油の為に某セルフスタンドに立ち寄ると、昔懐かしいクルマが部品待ちで佇んでいた。
「二代目セリカかよ」
セリカと言えば、日本初のスペシャリティカー(脳内現代語に訳すと”万能デートカー”)として生まれた名車である。
ダルマセリカと呼ばれたアクの強いデザインの初代A20系に比べ、トヨタアメリカ(TMS)のキャルティデザインリサーチ(CALTY)が担当したスタイリングはより空力重視のスタイリングだったが、当時のユーザーからは余り評価されないデザインだったと記憶している。

DS258-1.jpg続きを読む
posted by みちはてな at 22:11| 福島 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 今頃日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月30日

ツーリングセローで逝く!第4回「はじめての廃道とか、パーツとか」

昔やってたアニメで「超時空洋裁マクロス」つーのに出て来たF14トムキャットがロボットに変形するアレだ。

「バルキリー」ラストに重武装型の「アーマードバルキリー」というのが出て来たが、あれ要らなくなると「アーマーセパレート!」とか言って武装を外して身軽に成るんだよねぇ
ウチのツーセローにも出来ないかしら?

K247Ohmori697b.jpg

続きを読む
posted by みちはてな at 23:47| 福島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマとバイクのエトセトラ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かわいい人妻を観に行く「この世界の片隅に」

正月に時間を作って見に行った。
日本のアニメーション映画で初と成るクラウドファンディング(不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す:出典Wiki)となる事とか原作が素晴らしいとか、まあ色々聞こえて来ていたが、
見に行こうと思ったのはいい加減終戦の日にジブリの「蛍の墓」を見るのがイヤになったからに他ならない。
こう言ってはなんだが戦争の悲惨さの押し売りは見たく無いのである。
次に戦時中の一般国民が主人公(軍人では無い)という所と絵の素朴な可愛さである。
これも某「〜の墓」の「悲惨の押し売り」からの回避なのかも知れない。

個人的にこの手の映画は「泣いたら負け」なので気力を振り絞って泣かないで最後まで見る事に徹した。
感動とは厄介な感情で、泣いた理由以外の物語のデティールを飲み込んで忘れてしまう作用があるからだ。
コンサートなんかで曲の順番とか覚えられないのは、嬉しくて泣きながら謳ってしまう故である。
また、戦争映画と言う事で、予備知識があるのも問題だ。
戦争の悲惨さは、中学高校と太平洋戦争の戦史を読み漁った身としては十二分に承知していたし、長崎の原爆資料館や松戸の地下大本営、土門拳の「ヒロシマ」などで客観的に戦争を見詰める機会を得れば、その現実の無慈悲さはテレビを通して見るより遥かに壮絶である。

当然というか、原作は読まずにまず映画を見てみた。すぐに原作を買い求め読んだ。
その感想である。

驚いたのは原作の、もの凄い生活感である。
これ程食事のシーンが多い戦争映画は見た事が無い。
しかも食べてる物の素朴さ、知らない代用食品の多い事、勿論最前線の兵士などはガダルカナルなどでも補給を断たれ、深刻な飢餓状態だった。島から二日で蛙が消え、四日で蛇が消える。
それはそれで苛烈な生存競争だが、昭和19年の食卓が江戸末期より祖末という惨状は、それもまた深刻な飢餓状態と言える。
代用食、代用燃料、およそ生活物資のあらゆるものが代用され、終いには人間すら代用され、神棚に祭るごぼうの様に太く豊かだった国民生活がまるでか細い一筋の糸の様に絞り込まれてゆく切なさは言葉にならない。
原作者も、それに続くアニメ監督もそんな「戦時中の普通の生活」を実によく調べ、深く考え、明るく見易く作ってるのだ。だからこの作品にはある意味悲壮感が無い。
主人公すずもそうだが総てを受け入れ飲み込んで、明るく生きて行く。
明るければ明るい程、際立って戦争の悲惨さが反面教師の様に見えて来る、周到に考え抜かれた恐ろしい作品なのである。
 KS-4241.jpg

また、原作では鬼の様に当時の軍隊の組織や兵器などを解説しているが、それらが忠実にアニメ化され、いやいや"より現実味を付加して映像化"された時の怖さがあった。
なまじ当時の生活や日本人の季節感溢れる営みを忠実に再現した故に、異端な筈の爆弾などの兵器の実在感がさらに増幅されると言う手法が凄かったと思う。
あんな4コマ漫画の様なキャラなのに、いやそれ故にリアルに移る騙し絵の様な戦争の現実。
ああそうか?ゆるキャラだから戦争の悼ましさが緩和されるのか。

原作もあの状態からよく最終回に話を持って行ったと思う展開だった。
(見れば解るよ、うん。あれは強引だ)
愉しめますよ、キョーミの在る方は是非ご覧下さい。

このスルメの様な作品、読む時や気持ちで、また印象が変わるかも知れない。
posted by みちはてな at 00:48| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 寝言は寝てから言え! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

KLX125忘備録01 シンコー産業SR241 その後。

遅れ馳せながら、気が付いたら書き出すKLX125レポ。

昨年中期まで履いていたシンコー産業タイヤの事後報告です。
さて一昨年(2015)クリスマスに投入したこのキャラメルタイヤ(^^。
まあ個人的には鳴り物入りで入れたタイヤだったんだけど、一言で言えば「端的タイヤ」でした。

 SR241.jpg
続きを読む
posted by みちはてな at 23:48| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | クルマとバイクのエトセトラ。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

第三窓 「洲走の湯」(今頃日記的)

DTMの「東北露天情話」に漏れたもう一つの温泉情緒、内風呂。
それは温泉の窓から見える風景も、また心地良い。

第三窓>洲走の湯

某年1月、喜多方でメシを喰った一行は温泉も廻ろうという流れのまま、三蔵法師一行の様に西へと進路を向けていた。
何処か良いとこありますか?との質問に、良いかどうかは解らないが「滝の湯温泉の裏にもう一つ温泉マークがある」というMRの思い出と地図上のアイコンを羅列しただけの不確かな情報を「未知の温泉」と誤認した一行は、なんの保証もないその温泉にまるでDNAに焼き付けられた生殖行動の様に、つまりは後先考えずに向かっていた。
それにしても喜多方からだと、本当に天竺に向かっているのではないかと錯覚してしまいそうなだだっ広い会津平野の西端をぐるりと走り、だだっ広い川幅と中州を持つ只見川との間をウロウロと行き来する羽目に成る。マクロに地図を見てなかったせいで遠回りして、現場に到着。
「ホントにお風呂屋?」
ホンモノか看板かイマイチ不明なバス停の奥に、立派だけどどう見ても農家にしか見えない屋敷がある。百歩譲って明治の旅籠?そんな雰囲気。
subasiri617.jpg

続きを読む
posted by みちはてな at 14:15| 福島 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 東北湯ノ華情話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

米沢ラーメン「そば処 かわにし」 今頃日記的「〜廻り喰い」2016/10月分

味オンチの参考にならない食べ物話。あくまでツーリングの途中なので。

米沢ラーメン「そば処 かわにし」

ちょうど1年前に成ろうかと言う頃、まさに今頃日記だ(お前は間違っている!<MR)。
お店は米沢の郊外、というより最早高畠町と言う所にある。
県道1号線は米沢市役所から高畠町で国道113号線に繋がる道だが、その中間辺りにある”長手”という部落にあるのが「そば処 かわにし」だ。県道から北側の「天王川」を挟んだ旧道沿いのお店だ。
案内してくれたKonちゃんご推薦で、ネットでググると米沢の「中華そば四天王」という異名で語られている。

 DSCN1649.jpg

続きを読む
posted by みちはてな at 22:57| 福島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 添加御麺の廻り喰い | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする